スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

天国に届けスパルタンX

今回のブログは元2代目タイガーマスク、元超世代軍の旗手、元四天王の一角、元箱舟の盟主こと三沢光晴選手についてです。

プロレスが好きな方だけどうぞご覧ください。

6月13日土曜日の広島大会、GHCタッグ選手権の試合中に三沢光晴選手がお亡くなりになりました。

初めて三沢選手を見たのは確か中学生の頃で、まだ当時新日本プロレスしか知らなかった自分に友達が深夜にやってる全日本プロレスの方が面白いよと薦められたのがきっかけです。そこで目の当たりにした明るく楽しく激しいプロレスで一気に全日本プロレスファンになりました。
中島体育センターにも良く行きましたし、北エールの杮落とし巡業にも行きました。

当時は、ジャンボ鶴田・ハンセンなどエースがいる中、三沢選手は超世代軍のリーダーとして活躍中でした。

初めて見たタイガードライバーで衝撃受けたのだけは覚えています。

その後、フライングラリアート、フェースロック、フロッグスプラッシュ、タイガースープレックス、タイガースープレックス84、タイガードライバー91、ファイナルローリングエルボー、エメラルドフロージョン。
いくつも技を私達に魅せてくれました。

正直いって、私は三沢選手があんまり好きじゃなかったんです。
あまりにも強すぎたから。
あまりにも凄すぎたから。
三冠選手権試合はいつも対戦相手を応援していた気がします。
三沢を超えろ!!って気持ちだったんでしょう。

亡くなってから今日まで、ずっと頭の中でスパルタンXが流れています。
気付けばスパルタンXを口ずさんでます。

今まで受けてきた垂直落下系のダメージの蓄積、社長業との兼任による練習不足。地上波放送打ち切り。他にも色々な要因があったんだと思います。

三沢選手は「俺がいないとお客さんがこない」と言って、ほとんど休むことはなかったそうです。ノアのエースだった小橋や秋山が怪我や病気の際は、「体が大事なんだよ」って強引に休ませていたのにもかかわらずにです。

確かに、最近の三沢選手は明らかに太りすぎて体格はは全盛期に比べて酷いことになっていました。前座で楽しいプロレスをやっていたジャイアント馬場のような試合をやっていればこんなことにはならなかったとは思います。

常にトップでいることを要求されて、その位置にずっと居続けた三沢選手。
バラエティーやトーク番組では素晴らしいまでのエロ社長っぷり。

この偉大な三沢光晴がもう見れなくなった事が未だにに信じられないです。

自分の中で入場テーマとファンの掛け声のシンクロ率が異常だった2大選手
橋本慎也・三沢光晴。
そのどちらの入場も二度と見れなくなっちゃいました。

最後に、

三沢光晴選手。今まで本当に有難う御座いました。
心よりご冥福をお祈り致します。

みっさっわ!みっさっわ!みっさっわ!
2009年06月16日 | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者

カレンダー

MHFブログランキング

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。